[ 道具 ] 生地の下準備(地直し)でつかうアイテム

道具(アイテム)

目打ち

生地の下準備として地直しをするときに、生地から糸を取りだすのにつかいます。

目打ちをつかってわざとほつれをつくり、糸をひっぱりだすのです。

リッパーやまち針で代用できないか・・・といわれると、
できるような気もしますが、目打ちをつかうほうがやっぱり楽です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【PCエントリーでP10倍 2/1(9:59)まで】N なめらか目打ち 21-131 (ネコポス・ゆうパケット可)
価格:583円(税込、送料別) (2018/1/3時点)

 

アイロン

準備から仕上げまで、長いお付きあいとなるのがアイロンです。

私は、コード付きティファールを使っていますが、ふだんお使いのもので、もちろん問題ないです。
もしこれからご購入を考えているのであれば、以下の観点でえらんでみては。

  • コードレスは作業範囲が広がるのでいいとおもいます。
  • 洋裁には、重いもの(1kg以上?)がいいようですが、軽いものでもいいと思います。
  • 洋裁には、スチームはより強いものが好ましいです。
  • 私は、オートオフ機能はついていないほうが好みですが、こちらはお好みで。
  • 予算は1〜1.5万円程度でしょうか。

 

ティファールの最新のものは、いつでもけっこういいお値段がしますので、
1シーズン前など、過去のものを狙ってみてはいかがでしょうか。

私のアイロンは数年以上使用していますが、今のところまったく不具合はありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティファール コードレスアイロン フリームーブ パワー 9980 [FV9980J0] T-fal (生活 まんまる堂)
価格:11260円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)

 

霧吹き

スチームだけで作業してもいいのですが、
「地直し」で織り目を手で調整するときに、すでに濡れていたほうがいいので霧吹きをつかいます。

布がしっとりと、びしょ濡れ(半乾き状態)になるくらい霧吹きたいので、シュコシュコしすぎても壊れないものを。
無印の製品をはじめ、いくらでも種類はあるので、見た目や大きさ的にちょうどよいものをご購入ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エコー金属霧吹きボトル380ml (カラー)
価格:108円(税込、送料別) (2018/1/3時点)

 

水をはるためのいれもの

洗面器、たらい、バケツ・・・なんでいいのですが、

これ、便利です。おすすめです。
底に水抜き栓がついているので、ポンっと抜くだけで水が抜けます。
水のはいった重いバケツをひっくり返す必要がありません。

使わないときはコンパクトにたためるので、スペースを気にする必要がないのがうれしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】折りたたみ ソフトタブ ワイドたらい バケツ 日本製 便利グッズ I-563-1【LOGI】
価格:3132円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)

 

干すスペース

物干しざおのようなまっすぐなアイテムが好ましいです。
できれば2本つかって干したいところです。

また、外やお風呂場など、水がポタポタと落ちても大丈夫な場所。

数mある生地をひろげて干すことになりますが、折らなくては(一重で)は干せないと思います。
2つ折り〜3つ折りなど干しかたを工夫して、床にすれないようにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MORY 物干し竿【1本】 2.1〜 3m ステンレス 継ぎ伸縮竿 SC-3
価格:1280円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)

 

洗濯機

私は洗濯機はつかいませんが、もし水通しの選択肢が洗濯機しかないのであれば
以下の設定でおためしください。

  • 洗濯ネットに入れる。
  • 洗剤・柔軟仕上げ剤・漂白剤は入れない
  • 水量=いちばん小さい設定でOK
  • つけおきモード=ON、モードない場合は水がたまって動きだしたらすぐに、「一時停止」または電源を切る。洗濯のように、くるくる回す必要はないが、回しても問題はない。排水される前に停止させる。
  • 1時間以上放置
  • 排水
  • 脱水=軽く、モードがない場合は取りだして手で押さえてしぼる。

うっかり、ふつうに回してしまった、のであれば、干すのがすこし難しくなりますが
しっかりひっぱって伸ばしながら、目を整えながら、干せばよいかとおもいます。

しっかり目に脱水されてしまったなら、そのままアイロンで調整するのもありかもしれません。
(試したことないですが・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です