FAQ:実はどっちでもいい?生地の表・裏の見分け方について

柄ものであればすぐに見分けられますが、無地はわかりにくい・・・。とくに、生地を切ってしまったあとは、よく迷いますよね。

迷わないように、型(パターン)を写し終わったたら、ハサミを入れる前に各部品にちいさく切ったセロハンテープを貼り、マジックで「表」と書いておきます。こうすると切ってから迷わなくていいですし、うっかり縫いまちがえることもないです。

もし、地直しを水通しでするのであれば、手縫いで表裏がわかるように何かマークをつけておくと良いでしょう。

(「玉結びがあるほうが裏」など)

 

いちばん簡単な裏表の見分け方

以下の3つがいちばん簡単な見分けかたです。切るまえの状態・切れ端が残っている状態であれば簡単に判別可能です。

 

  • プリントされた柄の濃いほうが「表」、薄いほうが「裏」
  • 端のみみに字が書いてあるのが「表」

 

  • 耳のポツポツがでっぱっているほうが「表」(ですが、外国製のものはたまに逆だったりします)

View this post on Instagram

ポツポツの出ている左が表、右が裏

A post shared by sewquirrel (@sewquirrel) on

 

織り目を見る、見分け方

  • 綾織:右上から、右下へななめに線が入っている面が「表」

 

 

それでも見分けられない場合

表か、裏かは置いておきましょう。裏でも表でも見た目にさほど違いがないということです。

  • どちらか1面を自分で「表」と決めてつかう

 

 

おわりに

表だとおもって作ったら、プロの目でみたら実は裏だった・・・。

 

なんてことがあっても、あなたの目からみて「表」だったのであれば街ゆく人々からみても、きっと「表」です。

裏も表もさほどわからない無地のような生地あれば、まちがってしまってもまったく問題ないです。あえて裏面をつかうプロ(デザイナー)もいるくらいです。気にしないこと。

 

わたしは、

「裏表なんてたいしたことない。」

といつも思っています。裏も表もすきなほうをつかう。自分の主観で選んでいいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です