中表に2枚重ねた生地がずれてしまってうまく切れないとき

中表にあわせた生地と型紙を、ハサミでいっしょに切るときに、あわせた生地がいつのまにかずれていて、どちらかの縫い代が短くなってしまった、

また、

型紙にそって切っていたはずなのに、平置きにしたらなぜか全然違った、なんてことありませんか?

 

原因は?

生地を浮かせてハサミを入れるときに、浮かし布が流れたり、手で触っているうちに布がズレてしまったりするためです。わかりやすい原因ですが、チャコをあまりつかわず、ラフで作成する私はよく誤差ができちゃったりしているのです。

 

 

解決方法は?

ハサミを使う

2枚重ねた生地の真ん中にチャコペーパーをはさんで、ルレットをつかって両面いちどに型をとりましょう。

 

すべての線を引きおわったら、大きなスペースに生地を広げて、1枚に広げてハサミを入れます。1枚に広げてから切るので2枚まとめて切る時よりも時間と手間はかかりますが、ズレる心配はありません。

私は最近は2枚いっぺんに切ることはほとんどありません。常に1枚広げで切り抜いています。

 

ロータリーカッターを使う

ロータリーカッターはコロコロとルレットのように転がす、カッターナイフです。まっすぐ切れるうえに、型紙や生地がずれません。しっかり力を入れて、布に押し当てます。グッと生地を押さつけなければいけないので、床で作業すると床が傷だらけになります。

 

そんなときには、カッティングマットを買い足しましょう!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【PCエントリーでP10倍 1/1(9:59)まで】クロバーカッティング用品2点セット(ロータリーカッター57-502・カッティングマット57-643) ROTARYCUTTER_SET (ネコポス不可・ゆうパケット不可)
価格:1929円(税込、送料別) (2017/12/23時点)

 

ロータリーカッターの刃は小さいものや大きいものがあります。替え刃もあるので、使い捨てにはなりません。ですが、細かい部分はハサミで切るほうが楽なときもあります。うまく使いわけると裁断作業がたのしくなります。

 

とても便利なので、ハサミでうまくいかない場合は、買い足してみてはいかがでしょうか?

View this post on Instagram

cutting items #sewing #sewcialist #cutting #clothes

A post shared by sewquirrel (@sewquirrel) on

 

 

お裁縫用の定規とは

テープカット定規は、チャコペーパーとルレットで型を引くときにも役立ちます。

 

ふつうの定規をつかっていても、コロコロ系はよく、思ってもいないところに転がってしまうことがあるので・・・。テープカット定規は、溝に沿って転がすタイプなので、いきおいづいて変なところまで引いてしまわずに済みます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【PCエントリーでP10倍 1/1(9:59)まで】テープカット定規 57-924 (ネコポス不可・ゆうパケット不可)
価格:1711円(税込、送料別) (2017/12/23時点)

 

また、床にトレース用紙を広げて型をとるのであれば、そのままではルレットで床が傷ついて(へこんで)しまいます。チャコの色がつくことはないですが、型紙の線が床にも・・・なんてことに。

 

このとき、カッティングマットがあれば、ルレットをグッと押し込んでも床は傷つきません。

 

おわりに

中表に2枚重ねた生地が、ずれてしまってうまく切れないときは、

 

  1. 2枚一緒に切らず、1枚ずつ生地を裁断する。
  2. ロータリーカッター・カッティングマット・テープカット定規をつかって裁断する。

 

のどちらかで対応するといいですよ。

オススメは2番の、ロータリーカッター・カッティングマット・テープカット定規の購入です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です