冬にコーデしやすいぺたんこ靴バレエシューズの色は何がいいかな

今まで履いていたグレーのローヒールパンプス(バレエシューズっぽいもの)がもう履きつぶれてきたのであたらしいのを買わないと・・・と思っています。

どんなのを選ぶのがいいのか困っちゃってます。

自分の足の形と希望条件

広さ

できれば3Eで。甲も高いし幅も広いので3Eがいちばん楽ちん。

 

ヒール

ぺたんこというくらいなので高くても4センチ以下。できれば2〜3センチがいいな。2センチ以下になってくると逆にふくらはぎが疲れるんですが履きやすければOK。

 

重さ

なるべく軽いものがいいですね。旅行に行くときには軽いほうがいいですし、たまにお昼に出かけてからさらに夜まで予定があるときにはバッグに忍ばせておきます。ランチからディナーまでの間は途中ではきかえておくとうろうろするのに最適なので。

 

デザイン

ごてごてしていないもの。コサージュのようなものがついていないシンプルなものが使い回しやすそう。

足先はラウンドトゥが使い回しやすいかな。ポインテッド(とがっている)ものでもいいけれどとがりすぎていないもの。

 

 

コーディネートしやすい靴の色

冬はスカートでは黒タイツをほぼ履くことになるので、黒タイツとあう靴の色がいいな。春〜秋のヌード(素足・ストッキングの色)ではたいていどの色を持っていても履ける。けれど、持っている服の色にあう色を選ばないと足元だけちょっと色があわないことになると思います。

 

それぞれの色が作れるイメージと洋服とのあわせやすさを整理しておきましょう。

タグ(トラッド・マリン・上品・大人っぽい ・きちんと・カジュアル・華やか・ふだん使い)

 

黒タイツに黒のパンプスは悪くはないような気もするけれどやっぱり溶ける。溶けるというのはこういう感じですね。悪くはないんですけれど、なんかパッとしないというか足の「長さ」の存在感が増すような気がします。

 

基本的にどんなお洋服にもあわせられる黒い靴。レースや光沢のあるものであれば存在感が出てコーデしやすそう。ネイビーのスカートやワンピースにも黒の靴はあわせることができます。

 

ベージュ・ピンクベージュ・グレージュ・グレー・水色

グレーの服、ベージュの服など同系色でコーディネートすると大人っぽくきれい目に。

 

ベージュでもすこし色のついたピンクベージュやグレージュならおとなしくて可愛いですね。白系や淡い色あいのスカートをひきたててくれます。パステルカラーなどの明るい色のトップスにもよくあいます。

ベージュ系と同じところに水色?と思われるかもしれませんが、ベージュにあうお洋服には水色も合うんです。

 

いま持っているお洋服、着用頻度の高いコートなどの色にあわせて選ぶとよさそうです。やわらかい素材のグレーやベージュなどの靴下を履いてもいいですね。

上品 ・きちんと・ふだん使い

 

茶・オーク・キャメル

紺色のお洋服にあわせやすいのが茶系統です。トラディショナルなきちんとした印象におさまります。

トラッド・マリン

 

紺(ネイビー)

ジーンズ(デニム)との相性は抜群です。黒と同じく使いやすくシックな印象になります。茶色の服にあわせるのもよし。

上品・大人っぽい ・きちんと

 

ジーンズ(デニム)にぴったりです。

足より上に暖色が入っていない服装の場合は、赤の差し色を入れるだけでパッと明るくなります。ベージュと同じくどんな服にもあわせやすい色が赤色です。かわいい印象にしたいときは赤を選ぶといいですね。

カジュアル・華やか

 

パステル(ピンク・イエロー・グリーン)

差し色に使えるパステル系は「遊び心」的に持っているといいですね。「明るい色の靴がほしいなぁ」とお思いのかたは何も考えずに選ぶよりも、手持ちのバッグの色にあわせると良いです。

カジュアル・華やか

 

 

まとめ

黒は持っていて間違いないけれど冬は黒タイツですし、夏はすこし重たいイメージになるんですよね。パンツコーデの時に使いたいので検討中です。

何にでもあわせられるように、ベージュ系で1足持っておこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です