紫外線を通さない生地素材、UVカット効果について

お洋服に使う生地は自然の繊維がいい!という方もいらっしゃると思いますが、私は化学繊維も機能的でいいと思っている派です。

混紡率にもよりますがシワになりにくいですし、軽くさらっとしているので持ち運びするには向いているのです。

今回は化学繊維の一効能としてあるUVカットの効果について取り上げていきます。

UVカットの製品には2種類ある

永続的なもの

ズバリ、繊維自体にUVカット効果がある生地です。

市販のUVカット衣類にはカーボンやセラミック、チタンなどの無機物質が繊維に織り込まれていて紫外線を透過しないようにしています。

繊維自体が日焼け止め効果を持っているので洗濯してもUVカット率は下がらないと言われています。

 

一時的なもの

普通の衣類に紫外線吸収剤などをつけて加工したもの。つまりお洗濯をするごとにその効果が減っていきます。

でも、大丈夫!

お洗濯するだけで逆に日焼け止め効果を上げる洗剤があります。

 

NSファーファのUVカット洗剤

5回のお洗濯で紫外線カット率を97%までに上げれるそうです。洗濯機で洗えるものならどんなお洋服でも日焼け止め加工できるので便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVカット洗剤 800mlお洗濯だけで 紫外線対策 ・ UVケア ・ 紫外線防止 【ゴルフ・ガーデニング等外のスポーツ対策】【日焼け止め】【RCP】
価格:842円(税込、送料別) (2019/2/21時点)

 

 

UVカットできる生地(布)の種類

確かに、夏は水着の跡が残りやすいですよね。夏の普段着といえば吸水性のよいコットンシャツですが毎日着ててもさほど日焼けしたなーーという実感がありません。

ポリエステル混のTシャツであればコットンよりかは腕に残るTシャツ焼けが気になりますが、これもたいてい混紡生地なのでそこまでお肌の日焼け跡がはっきりつかないですね。だけど水着のときは、かなりはっきりくっきり残りますね。

実際に紫外線をふだんより多く浴びる状況になってることも要因だとは思いますが、水着は透過率が低いためより跡が残りやすいんですね。気づかない程度の日焼けはふだんでもしているということになります。

 

効果の高い生地

特殊な加工をしなくても、ウール、ポリエステル、レーヨンは紫外線のUV-B波を90%以上もカットできるんです。

材質 紫外線カット率
ウール
ポリエステル 90%
レーヨン 96%

 

例えば、ポリエステルの紫外線カット方法は「紫外線を吸収する」タイプです。ただ、ポリエステルについてはUV-Aをカットする効果は低いので注意が必要です。

今はポリエステルでもさらっと着心地の良いものもあるので、吸水性(汗)は悪いですが汗をかきにくく蒸れにくい風通しの良いパターンで作れば問題ないと思います。肌に触れる部分が気になるのであれば裏地をつけたり、はおりものとしてポリエステル生地を使い、なかにはいつも通りの服を着るというのもいいと思います。

 

ストレッチ素材のデニムもオススメです。ストレッチするということはポリエステルなどの化学繊維との混紡生地である可能性が高いです。濃い色のブルーデニムは紫外線の透過率がとても低くわずか0.06%だそうです。

夏によくあるBBQなどのときにはスカートよりもデニムでのコーディネートが良さそうですね。

 

UV-Aの影響

波長が長いため、表皮だけでなく真皮にまで影響をあたえる。ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作りだす繊維芽細胞に損傷をあたえてしまうため、シミ、しわ、たるみというダメージが発生する。

 

効果の低い生地

シルク、コットン、麻は紫外線カット効果が低いので日焼け止め効果を求めるのならばUVカット洗剤を使う必要があります。

材質 紫外線カット率
シルク 84%
コットン 68%
56%

 

コットンや麻のシャツは夏向きなのに、実はあんまり夏に向いていないのかもしれませんね。

 

 

UVカットの服に適した色とは?

どんな生地かはさておき、色の違いによっても透過率は変わってきます。

(紫外線透過率が低い)黒15% < ブルー < イエロー < オレンジ < ピンク < 白60%(透過率が高い)

 

もう一般的になっていますが、UVカットの効果があるのは薄い色より濃い色です。

夏といえばコットンの白シャツを着たくなりますが、日焼けを望まないならポリエステル混の青や黄色のシャツが好ましいといことになります。

 

もちろん、重ね着すればするほど紫外線は透過できなくなっていきます。

 

 

おわりに

いままでUVカット加工していない普通の生地にはUVカットの効果はゼロだと思っていました。

個人的にはシワになりにくいポリ混素材が好きなので、日焼け効果が高いと知ってさらに好きになりました。それに、デニムもよく使うので日焼けしづらいことがわかって調べてよかったです!

 

市販のUVカットカーディガンはコットンのようなやわらかい生地ですので、とっても使いやすいです。これからもきっと買い続けるとは思いますが、ポリ混の上着でもじゅうぶん代わりになるということがわかりました。

手持ちのウィンドブレーカーも使えるということがわかってよかったです。

 

ここでとりあげた以外にもいろいろ書いてありますので、参考までに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です